logo
Home

キラヤマト その後

. ザフト軍・白服指揮官級 (DESTINY 特別編). というようなセリフもよく耳にするのだと思います。. 第一世代コーディネイターにしてスーパーコーディネイター。 ダークブラウンのシャギーカットと、紫色の瞳が特徴の優しく柔和な雰囲気の少年。 幼少の頃から泣き虫で甘ったれ、だが誰より強情で、こうと決めたら決して引かない強さを併せ持つ。 一人称は僕。基本的に丁寧な言葉で喋る。 幼少期からの親友であるアスラン・ザラにとっては同年代にもかかわらず、世話のかかる弟のように思われていた。 作中(SEED)ではよく泣き、時には友人とも衝突する、歳相応の少年らしい姿も見られた。 カガリ・ユラ・アスハとは双子の姉弟関係であることが作中で判明する。 キラヤマト 普段は温和な雰囲気であるが、セイバーに乗るアスランとの戦闘で怒りを顕にする場面もあった。 パートナーであるラクス・クラインや双子の片割れであるカガリ・ユラ・アスハの身を案じ、彼女たちを守るために行動した。→『憎悪の連鎖を止める』『仲間達を守る(DESTINY41話等の発言)』等を自身の行動原理にしている。 彼の出生にはコーディネイターの根幹に関わる闇が秘められており、SEED終盤で明かされたその謎は、DESTINYでも問題の一端として作用していく事になる。 キラ自身はSEEDの時点では出生に関して悩んだが、DESTINYでは「自分も結局は人間」のスタンスで毅然と受け止めた。 DESTINY最終話でギルバート・デュランダルから放たれた出生に関する言及を、「僕はただの人間だ!」という言葉で一蹴している。 作中でSEED(Superior Evolutionary Element Destined-factor=優れた種への進化の要素であることを運命付けられた因子)と呼ばれる概念が登場するが、彼もその因子・能力を持つ者であり、その能力の発動中は瞳のハイライトが消え、目つきが鋭くなる。 尚、フリーダムに搭乗して以降はパイロットを殺さずに無力化する戦い方をしているが、彼はあくまで余裕のある場合に限り相手の即死を避けているだけにすぎず、必要な局面では躊躇無く攻撃・撃墜している。 ただし、同格の相手に対しても隙あらば無力化する手段を狙うこともあり、更にはストライクルージュに搭乗した際の圧倒的不利な戦況にあっても敵パイロットを殺めることを極力避けるなど、無力化する戦い方という姿勢はかなり徹底している。 DESTINY小説版では、ストライクフリーダムで敵艦. 「gジェネ クロスレイズ」に登場する「キラ・ヤマト」の入手方法を掲載しています。「キラ・ヤマト」が習得するアビリティやスキル、ステータスも記載しています。 キラ・ヤマトは『SEED』と『SEED Destiny』でその後がありますが、『SEED』のその後は俗世間から離れて暮らし、『SEED Destiny』のその後は逆にプラントの指導者になったラクスの傍で彼女を支えていたようです。.

その後は月面都市コペルニクスに家族で移住し、キラはce61年に同地に留学していたアスラン・ザラと出会う 。 そしてC. 彼の劇中の行動、特にDESTINYにおける武力介入は本当に正しかったのかどうか。 キラヤマト その後 2. そのため、作中ではキラ・ヤマトと呼ばれていますが、本名はキラ・ヒビキということになります。後にキラは実母の妹であるカリダのところに引き取られて、キラ・ヤマトとして成長していくのでした。 ヒロインの1人カガリ・ユラ・アスハは双子の姉. 機動戦士ガンダムSEEDデスティニー終盤でキラ・ヤマトが中将に昇進してたのは何故ですか? スペシャルエディションのエンディングでザフトの白服着てましたが将官から佐官クラスに降格されたてことですか?ザフトの将官て紫だったのでは? 恐らく、戦場においての権限を与えるため. See full list on srw. 丸腰にされた側の兵士が、まだ戦える状態にある側の兵士に一方的に殺されるかもしれないことは考慮したのか。 3. 2作品両方において大きな人気を博したキャラクターではあるが、その一方で次のようなことを巡っては議論が絶えず、評価は二分されている。 1.

地球連合軍に所属する軍人。17歳。 キラ・ヤマトと同じくコロニー・メンデルにてスーパーコーディネイターとして誕生したが、キラとは違って失敗作であったため、廃棄処分が決まっていた。しかし、その前に研究者の一人が彼を逃がし、ユーラシア連邦に拾われる。だが、研究所でスーパーコーディネイターを研究するためのモルモットとして扱われ、一度は脱走するが、その際に謎の男と出会ってキラ・ヤマトの事を教えられる。その後、ユーラシア連邦の特務部隊『X』所属となった。(ちなみにこの謎の男はギルバート・デュランダルとも言われているが、ラウ・ル・クルーゼとされる説もある) ニュートロンジャマーキャンセラーを入手する任務に就いた際にプレア・レヴェリーと出会い、彼の乗るドレッドノートガンダムと交戦するが敗北。その後、強化改造されたスーパーハイペリオンでXアストレイと再戦するが、再び敗北してハイペリオンも大破する。そして、核エンジンの爆発から自らを守ったプレアに「人は皆、想いで繋がっている」と諭される。その事を知ったカナードはキラを倒して自分がスーパーコーディネイターの成功体になるという野望を捨てる事を決意するのだった。 戦争が終結した後、プレアの代わりにマルキオ導師の元へNジャマーキャンセラーを届ける。その際、砂浜でキラを目撃するが、何もせずに立ち去った。 C. 本人の意図しているところ、意図していないところ含めて「コーディネイター=優れた人間」という図式を成り立たせるほどの活躍をしている(実際普通のコーディネイターよりも優れているのだが)。 第一話では偶然逃げる時に乗り込んだストライクガンダム内で、未調整のOSで戦おうとするマリューを見て、「代わってください!」と自分から操縦席に座り、その場でストライクガンダムのOSを調整、戦闘して敵を撃退するという離れ業をやってのけている(なお、この時の早口セリフは保志総一朗氏の一発取りとのことである)。 また、劇中でサイとの喧嘩になったときは彼を簡単にあしらっている。 他にも大気圏ギリギリでストライクを運用したり、デュエルガンダムに狙われながら宇宙空間でストライクの換装を成功させたり、フリーダムに乗り換えて以降は一対多の状況で無双の如き活躍をしてみせた。 因みに彼の戦闘は何かと彼にとって不利な状況が多く、大抵数的不利、もしくは護衛対象がいることが多い。 Destinyでもエンジェルダウン作戦では数的不利に加え護衛対象はアークエンジェル、戦力換算は自分だけという状況であった。. 。 「ザコが!」 「フハハハハハハハっ」 1. 【ガンダムseed】キラ・ヤマト。実力はntを超える??その後の人生・・・【考察・まとめ・モビルスーツ】 【ガンダム解説】.

ストライクフリーダムガンダム 1. . そのセーフティシャッターのおかげで 一命を取り留めたキラ・ヤマトは キラヤマト その後 たまたま通りかかった、ジャンク屋「ロウ・ギュール」 に拾われ、マルキオ導師の元に届けられた後 ラクス・クラインの下へと搬送されました。. 中立国オーブのコロニー、ヘリオポリスに住んでいたが、地球連合軍が極秘裏に開発していた新型モビルスーツ『G兵器(ガンダム)』を狙うザフトの攻撃に巻き込まれ、いくつかの偶然が重なった末にG兵器の一つであるGAT-X105 ストライクに搭乗し、ミリアリア・ハウらカレッジの友人たちと共にアークエンジェルに乗り込み、成り行きでストライクのパイロットを務める事になる。 友人達を守る為に連合側についてしまった事で、ザフトに所属する幼馴染のアスランと敵対する事になってしまい苦悩する。 執拗なザフトの追撃の最中にニコル・アマルフィを不本意ながらも殺してしまい、自身も後に親友のトール・ケーニヒをアスランの攻撃で失い、両者の対立は決定的となる。 その後の戦闘でアスランの駆るイージスの自爆に巻き込まれて重傷を負うが、とあるジャンク屋に救われ一命を取り留める。 その後ラクス・クラインの元での療養中に、自分の望むこと、すべきことを整理し、ザフト製の新型MSZGMF-X10A フリーダムを受領(奪取ともいう)し、戦争を起こそうとする人間達との戦いを開始する。 この時から、たとえ敵対する者であっても、「可能な限. みなさん、おはようございます。日曜日の朝、そうかーーーいっ て雨だよ。台風が来ているんだから、仕方が無い。いやぁ~、早起きって良いですねぇ。おじさん、今日は3. 「キラ・ヤマト! 貴様は俺が倒す!」. 「黙っていろ、キラ・ヤマト! お前は後回しだ!!」 「見つけたぞ、成功作キラ・ヤマト! 今日はそれなりに戦えるようだな!」.

キラヤマト その後 『X ASTRAY』のプロローグで、ロウのレッドフレームを見て。スパロボではガンダム系全般に対する特殊台詞として採用。. 『X ASTRAY』最後のおまけ4コマ(新装版『ASTRAY』コミックス最終巻)にて。キラと島で出会ってやっと勝負を仕掛けるも結局負けて「プカーッ」っと浮く. 教えた人物の正体は当初はクルーゼではなくギルバート・デュランダルではないかと推測されていたが、ゲーム『Generation of C. See full list on ijinkaramanabu. ガンダムシリーズはどの作品もメッセージ性の強い展開になっていると思います。 戦闘なんて、現実問題関係ないと思うかもしれませんが、実は現実でもいつどんなタイミングで勃発するかわからないと思っています。 第三者としてそれぞれの言い分を見聞きして知っているので、同じ作品を見ても感じ方はそれぞれ少しずつ違っていると思います。 キラの言葉が響かない人もいれば、響く人もいるということですね。 立場が違えば考え方も違ってくるものです。 キラの考えは理想論だと感じています。 だけど、その理想を実現させようと行動するところが凄いところです。 所詮創作と言われたらそれまでですが、創作だからこそ言えることもあるのではないかと思います。 キラの発言が気になりましたら、ぜひストーリーを通して再確認していただければと思います。. その後も自らの意思で艦に残り、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦 までの激戦を戦い抜いている。結果的には、キラに劣らず精神的に大きな成長を遂げたともいえる。 作中において降りかかった災難から、視聴者からはネタキャラ扱いをされがちだが、その.

『ピースガーディアン』とは、キラ=ヤマト率いる地球圏最強の組織である。 元々は三隻同盟を中心とする独立軍団からラクス=クライン直属の親衛隊として編成されたキラ=ヤマトを隊長とする部隊、通称『アークエンジェル隊』を母体としており、第二次汎地球圏以後、オーブを守る盾と. このセリフはSEED DESTINYで、アークエンジェルはこれからどうしたらいいのか、キラなりの考えをみんなに語った時のものです。 世の中のこと、実は知っているようで知らないことの方が断然多いです。 そんな中で、いくつかある選択肢のどれを選べば正解なのかも実のところ誰もわかりません。 わからないから諦めるというのは違うような気がします。 キラたちは一度SEEDで争いの結果を経験していますので、それだけは避けたいと思うのは当然のことです。 現実の世界でも歴史に学ぶということで歴史の勉強をしますよね。 過去の間違いを繰り返してはいけない、もし繰り返しそうだとわかっているのなら行動して回避しなくてはいけない。 人は失敗から学べる生き物ですので、身近なことでも見て見ぬふりはしない努力をしたいものですね。. しかしそのラスクが狙われたことにより、再び戦う道を選びます。 しかし、共にオーブにいたはずのアスランがザフトに復隊したことで衝突してしまいます。 デュランダル議長の狙いと企みを知ったことで共闘、今度こそコーディネーターとナチュラルの戦いに終止符がうたれます。 唯一のスーパーコーディネーターであるがゆえに様々な葛藤をしますが、自分の考えをしっかり持ち、言葉だけではなく行動を起こすキラの発した言葉の数々の中から、彼らしい名言を集めてみました。. だから種死前半は全力で迷走してキラに達磨にされたわけだし でも最終決戦でシンを諭してる台詞を見る限り、その辺の迷走にはちゃんと答えが出てるっぽいのが救い アスランは両親、シンは妹やステラの件があって後に退けなくなってた似た者同士. 最終決戦でクルーゼのプロヴィデンスを撃破するもフリーダムは半壊。コクピットから投げ出され宇宙空間を漂っていたところをアスランとカガリに発見され生還。 機動戦士ガンダムseed destinyへ続く。 ガンダムseed destiny. プロローグ C.E74年、ザフトと地球との戦争は『ザフト軍の最高評議会議長の死』という形で集結し、プラントは、ラクス・クラインをプラント最高評議会議長に迎え入れ、その恋人であるキラ・ヤマトは一度、ザフト軍の養成所を卒業後にfaith隊の所属となった。.

フリーダムが射撃戦メインの機体なため、『キラといえば射撃』というイメージが強いが、実は格闘戦を行うことの方が多い。 特に強敵を撃破する際には、ビームサーベルやアーマーシュナイダーなどの刀剣に類似した武装が使用されるケースが多く、ランチャーパックで出撃した際にも格闘戦を仕掛けていた。 ミゲルのジン、バルトフェルドのラゴゥはアーマーシュナイダー、モラシムのゾノ、ニコルのブリッツは対艦刀(シュベルトゲベール)、クルーゼのプロヴィデンスは連結ビームサーベルでそれぞれ撃破した。 搭乗した全ての機体で蹴り技=キックを多用するのも特徴で、蹴り技を武装に昇華させた機体を駆るアスラン・ザラと比べても、遥かに蹴り技を使用した回数が多い。この蹴り技は通称:キラキックと呼ばれる。 このため、彼の得意戦術は「機動力を生かした近・中距離戦」だと思われる。 ゲーム等でもこれを反映していることが多く、彼の乗ったことのある機体(ストライクガンダムやフリーダムガンダム等)では高確率で格闘攻撃にキックが存在する。 ちなみにMSで蹴りを入れることは、強い衝撃を与えて体勢を崩させる、衝撃でパイロットにダメージを与える、不利な状況から蹴り飛ばして距離を離す等といった面から、普通に有効な戦い方だったりする。 古くは、かの有名な「シャア・アズナブル」も使っている戦い方でもある。 作中では周りから「キラ」「キラ君」と名前で呼ばれることが多い彼だが、ムウ・ラ・フラガからはたまに「坊主」と呼ばれていた。 また軍属としての最高階級が准将であり、歴代ガンダムの軍属の主人公中最も偉い事でも知られる(フリットは中将になってはいるが、彼が中将だったのは彼が主人公ではないアセム編のときとなる)。 ただし、これは身内人事的な意味合いが強く、「連合国首長の弟君(兄君)が下士官では箔が付かない」という事情があるものと考えられる。. あまり成長したように感じられない。. E,68年には戦争機運が高まる世界情勢の悪化からヤマト夫妻とともにオーブ連合首長国のコロニー・ヘリオポリスへと移り住んだ 8 。. 具体的な行動原理・目的は一体何であったのか。 3. キラ・ヤマト 部分編集 相剋の軌跡 / エクステンションブースター / 白き光芒 CHARACTER(UNIT) CH-S1 白 2-4-0 R (自動A):このカードは、「PS装甲」を持つユニッ. ヤキンドゥーエ戦終結後、中立国オーブで仲間達と共に隠遁生活を送っていた。 オーブの慰霊墓標への墓参りの際、シン・アスカと運命の出会いを果たし、彼とエピローグにも繋がってくる重要な会話を交わす。 隠遁生活の最中、コーディネイターの暗殺部隊に襲われる。危急の事態故、ラクスの制止を振り切り、隠されていたフリーダムに搭乗。 衰えぬ技量で暗殺部隊を瞬く間に迎撃、無力化に成功するも、暗殺部隊は機密保持のため全員自爆して命を絶った為に、情報を聞き出す事は出来なかった。 その後、カガリが早まってユウナ・ロマ・セイランとの政略結婚に踏み切ってしまった結果、結婚式に乱入してカガリを連れ去り、守りたいものを守るべく、ラクスやアークエンジェルのメンバーと共に、オーブから脱出する事になった。 脱出後はスカンジナビア王国の海底に潜伏していたが、プラントでラクスの影武者がデュランダル議長を支持する形で活躍していたのを見た結果、ラクスの暗殺を仕組んだのは、本人が表舞台に現れる事を最も都合が悪い立場にある彼ではないかと強い不信感を覚える。 この時から、彼が他者と行動や世界情勢について言葉を交わすシーンでは、必ずと. その後、キラとカガリが兄妹であることが判明する。 そんな中、アスランはプラントに1度戻ることを決意し、カガリの反対を押切、プラントへ戻る。 プラントに戻ると、父と話した。.

! 笑わせるな!」 「フン. 機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY. その後、軍の最重要機密に触れたという理由で地球連合軍にカレッジの仲間と共に拘束さ. それは完全であったのか。 3. フリーダムガンダム 1. ガンダムseed キラ・ヤマトのその後. その後、ラクスの命を狙った謎のコーディネイター部隊からの襲撃が起こり、キラはラクスたちを守るために再びフリーダムに乗ることを決意する 。その後、オーブにも大西洋連邦との同盟に向けた不穏な動きが始まる。.

こちらもSEED DESTINYのセリフで、最終回です。 石碑の周りにあった花は戦火でなくなってしまったけれど、また植えるとストレートに解釈もできますが、花にたとえていますが人であったり建物であったり、戦火で失ったものは何度でもつくりなおす。 戦争に負けない、人は強いと言っているようにも受け取れます。. 特攻して死亡する味方、普通に戦闘を行っている味方についてはどう考えているのか。 3. 地球連合軍・少尉 (SEED) 1. 機動戦士ガンダムSEEDの主人公であり、その続編である機動戦士ガンダムSEED DESTINYでも登場した。当初、DESTINYではサブキャラクターだったが、話が進むに連れて本来の主人公シン・アスカを差し置いて出番が増え、第3クールあたりから本格的に物語の主人公に置き換わった。なお、福田監督は「最初からキラ・アスラン・シンの3人が主人公のつもりだった」と発言している。 人工子宮を用いることで誕生した数少ないスーパーコーディネイターで、身体能力や知能が極限までに高められている。SEEDと呼ばれる因子を持っており、これが覚醒することで高い戦闘能力を引き出すことが可能。実戦に不慣れであったストライク搭乗時こそ苦戦する描写はあったものの、フリーダム搭乗以降は機体性能の高さも相俟って、一騎当千の強さを見せつけた。 元々は一般人だったが、戦争に巻き込まれて地球連合のパイロットとして戦うことになる。離脱後は第三勢力となる組織(オーブや三隻同盟)に所属し、コーディネイターとナチュラルの戦争を阻止しようとする。 初めのうちは、戦争はしたくないが戦わないと仲間を守れないという葛藤や、周囲からの重圧によって精神的に不安定になることが多かった。しかし、連合離脱後は達観した性格へと大きく変わり、感情的になることが少なくなった。また、この頃から戦闘では敵兵を可能な限り殺さずに、MSを戦闘不能にする戦い方をするようになる。 1.

73時には傭兵となっており、プレアのドレッドノートを改修したドレッドノートイータに乗って戦っている。今でも時々、暴走する事があるようで、ジェス・リブルの護衛任務の最中にゲルズゲーと交戦し、完膚なきまでに破壊していた。 失敗作とはいえ、その能力は通常のコーディネイター以上であり、叢雲劾とも互角に戦えるほどである。 彼が他のコーディネイターと決定的に異なる描かれ方をしているのは、「努力する」「変わろうとする」点である。 すべてのコーディネイターがそうではないが、コーディネイター概ね先天的に与えられた遺伝子=才能によって高い能力を持っている。. See full list on gundam. キラといえば高校の時「ハイテク化とそのゆくえ」って言う評論が国語の教科書に載ってたけど、 その中に遺伝子を組替えて『我々が理解するもの、感じるものは当然理解し、またそれ以上を感じ理解する人間が近い 将来生まれるだろう。. SEED DESTINYのセリフで、レイに対してのギラの言葉です。 レイとクルーゼはアル・ダ・フラガの出来損ないのクローンです。 そのため、レイとクルーゼは個々でありそれぞれ別々の人であるのですが、レイはなぜかクルーゼと同調、もしくは彼と同じような道を敢えて進もうとしたため、自分はクルーゼであると言ったのだと思います。 しかしそれに対し、キラが発したのがこのセリフになります。 クローンであっても、持って生まれた命はその人の命であるのですが、クローンであるがゆえに、自分の命は誰のものだろうと思うのでしょう。 命では重すぎるので、人生に置き換えてみましょう。 子供の人生はその子供のもので親のものではありません。 ひとりひとりが持っているもの、持ってもいいものが命であったり人生であったりするのではないでしょうか。 だからこそ、奪っていい命はない. 知名度の高い作品の主人公というだけあって、ゲームへの出演回数は多い。 スーパーロボット大戦シリーズやガンダム無双シリーズなどでは、キラ達の行動原理・目的がきちんと描写されていて、原作の粗削りな部分が修正されている。(特にSEED DESTINY時代で登場する場合)軍人として、コーディネイターとして混迷の世界を迷走するシンのアンチテーゼという立ち位置になりやすい。 キラ自身にも少なからず改変が加えられ、フリーダム搭乗以降の達観した性格から、熱血漢で人間らしく、プレイヤーから共感されやすい性格へと変わることもある。また天然キャラとして描写されることもある。. 機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY アスラン・ザラ カガリ・ユラ・アスハ ラクス・クライン フレイ・アルスター サイ・アーガイル ミリアリア・ハウ トール・ケーニヒ カズイ・バスカーク マリュー・ラミアス ムウ・ラ・フラガ ナタル・バジルール キラヤマト その後 ラウ・ル・クルーゼ レイ・ザ・バレル ギルバート・デュランダル シン・アスカ 叢雲劾:どちらが強いか議論されるが「両者共補正が入っているからわからない」と言われている。 ロウ・ギュール:彼の運命に大きくかかわっている カナード・パルス:ある意味もう一人の自分.

ストライクルージュ 1. 作られた人類、『機動戦士ガンダムseed』の「キラ・ヤマト」が堂々の1位に輝きました。 身体能力や知能が限界まで高められ作られた存在であるキラ、その能力には自覚があり、言葉の端々に見下しのようなものが見え隠れしますが、普段は温厚で基本的に. 第2部で敵として登場する。原作とは異なり、ついにキラとの直接対決が実現する。キラとガンダムへの執着心は原作通り。しかし、ルート選択によっては一度も戦わずに終わる事も。スーパーコーディネイターの失敗作という設定からか、能力値は全てキラのそれから-2した値になっている(防御のみカナードが+2)。プレアとキラでフラグを立てるとジェネシスの光に飲み込まれたキラを助け、そのまま彼と共にノイ・ヴェルターに合流し、仲間に(仲間にならなくてもキラを助けるのには変わりはないが)。その際、顔グラが変更され、穏やかなものになるが、口調は全く変わらない。能力・精神コマンド的にはイザークと酷似している。が、イザークはカナード以上に特殊技能が豊富な上に能力値もカナードの上位互換的な扱いになっている。イザークがキラに負け続けていた事を考えるととんでもない皮肉と受け取れなくもない。 2. 「機動戦士ガンダムSEED」で主人公を、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」では主人公のシン・アスカと共に重要な役どころにあったキャラクターです。 SEED登場の時の年齢は16歳、SEED DESTINYは前作から2年後の設定ですので18歳です。 実の両親から母の妹夫婦(ヤマト夫妻)に預けられ、そのまま養子として育てられます。 カガリとは姉弟の関係にありますが、実際のところどちらが兄で姉なのかは不明なため、カガリの一方的な主張で、キラは弟ということになってしまっています。 アスランとは親友でしたが、再会した時に敵味方になっていたため、本気の殺し合い戦闘をしたこともありますが、戦いの本質、本当の敵はなんなのかを知り両軍の垣根を越え共に戦います。 2年後のSEED DESTINYでは戦いたくないとオーブで隠居状態ですが、傍らには恋人のラスクが. キラヤマトの名言集と早口セリフまとめ!嫌われる理由やその後の活躍も; カガリユラアスハの名言まとめ!その後の生涯やアスランとの関係も; ラクスクラインの名言まとめ!キラとの結婚などその後や悪女説も; イザークジュールの名言まとめ!. カナードにキラの事を教えた。 2. 不意打ちでお前に勝っても意味はないな.

残された兵士は必ず救助されるという確証があった上で行動したのか。 3. おまけ4コマ漫画では、これでもかと言わんばかりにいじられてる。 「ついに見つけたぞ、キラ・ヤマト!」 1. です。 キラヤマト その後 力が全てと思う人もいると思いますが、果たしてその人の人間性を図るのに必要なのは力だけでしょうか。 人は力さえあればそれでいいのでしょうか。力のない人はどう足掻いても勝ち目はないのでしょうか。 人の世界は不平等ですが、だったひとつのものだけで人を判断することはないと思います。 たったひとつの汚点だけでその人のすべてと判断することもやってはいけないことだと思います。 人とはいろんな要素の集合体と言ってもいいでしょう。欠点を指摘されたからといって諦めないでほしいと思います。. 彼がそれを言及している場面はないこと。 4. キラ・ヤマトは『ガンダムSEED』と『ガンダムSEED Destiny』の2作品で活躍しました。 その2作品でのキラ・ヤマトの名言を集めた名言集と、キラが2作品の中で乗っていた機体を人気順にまとめてました。 是非。ご覧ください。. ストライクガンダム キラヤマト その後 1.